未経験の人がクリアしておきたいこと|貿易事務の求人に応募しよう【英語を使う憧れの仕事】

貿易事務未経験の人が応募する前に英語などクリアしておくべき課題

未経験の人がクリアしておきたいこと

女の人

貿易事務で求められる能力を知ろう

未経験の人が、闇雲に条件のいい貿易事務の求人に応募しても、なかなか成果が出ないかもしれません。貿易事務の求人に応募する前に、貿易事務で求められるのが一体どんな能力なのか把握しておきましょう。

クリアすべき課題を見ていこう

貿易事務の求人に応募する人が、クリアすべき課題を一つずつみていくので参考にしてください。
1、パソコンの基本操作
貿易事務の基本的な仕事は事務処理になりますので、パソコンの操作がまったくできないということだと採用される可能性がグンと下がってしまいます。パソコンの操作に慣れていない人は、貿易事務紹介の派遣会社へ登録し、パソコンに関しての研修などを受けるといいです。
2、貿易に関する知識
貿易事務の職場では即戦力が求められる場合が多いので、貿易事務の経験がない場合は、貿易に関する知識があるということをアピールすることが重要です。貿易実務検定などの資格に取り組むのがよいでしょう。
3、英語力
貿易に関する書類やメールには英語が使われることが殆どなので、基礎的な英語力は必須条件となります。貿易事務になるためのセミナーなどもありますので、そこでどのような英語力が求められるのか知るとよいでしょう。

貿易事務の求人に関してのQ&A

パソコンが全然できないけど応募できる?

もちろん応募自体はできるところもありますが、採用してくれるところは少ないかもしれません。焦らずにパソコンの操作やその他貿易事務に必要な知識を身に付けてから応募すると採用される可能性が上がりますよ。

貿易に関する検定は必要?

貿易事務になるために必ず必要な資格はないですが、職場によっては貿易実務検定や通関士の資格を取っておいたほうがよいでしょう。応募する職場に合わせて、どのような資格が有利に働くのか事前にリサーチしておくことが大事です。

英語が話せなくても大丈夫?

貿易事務の仕事の中には英語が話せなくても大丈夫な職場も多いですが、書類やメールのやり取り自体は殆ど英語になりますので、最低限の読み書きスキルは絶対に必要です。どの程度の英語力が必要なのかは職場によっても変わってきますので、転職に成功した人の口コミなどを参考にするとよいでしょう。

貿易事務の仕事は残業が多いですか?

その会社や職場によって違うので一概にはいえませんが、貿易では納期などの件で何かとトラブルが発生することも多いので、残業が少ない職場ではないです。ですから、残業などに関しても派遣会社や求人紹介サイトに登録するなどして、その会社の情報を事前によく調べておきましょう。

広告募集中