貿易事務の仕事ではどのように英語を使うのか知ろう

近年人気が高まっている貿易事務

貿易事務の仕事は以前から人気ですが、ここ最近はよりその傾向が顕著です。英語力を自由に活かせる職場ということと、割りと待遇が良いという理由が挙げられます。みなさんも貿易事務を目指してみてはどうでしょうか?

貿易事務で働く人たちに聞いた!英語で困ることランキング

no.1

スピーキング

第一位に選ばれたポイントは、スピーキングとなりました。日本語の語順とまったくことなる英語を話せるようになるまでとても時間がかかったという声が多かったです。語順が違うので今でもスムーズに話すのが難しいという声も非常にたくさんありました。

no.2

リスニング

第二位はリスニングという結果になりました。ゆっくり話してくれればなんとか分かるけど、早口だとほんとに難しいという意見が多かったです。適度に自分が話を挟まないと会話が途中で分からなくなるという切実な意見もありました。

no.3

リンキング

第三位はリンキングとなりました。リンキングとは言葉と言葉の連結のことで、直前の言葉の子音とその直後が繋がって音自体が変わることです。リンキングを知らないと簡単なリスニングやスピーキングができないという状態に陥ってしまいます。

no.4

ジョーク

第四位はジョークという結果になりました。英語でジョークをいわれると分かんなくてちょっと困ると回答した人が多かったです。ジョークの場合はその国の文化や習慣なども影響してくるので、より難しいかもしれないですね。

no.5

ライティング

第五位はライティングとなりました。仕事の場合、表現は間違えられないので、確認に時間がかかるという人が多かったです。

貿易事務の紹介サイトに登録するメリット

求人情報が多い

貿易事務に特化した仕事の紹介サイトは、単純に貿易関係の求人の量が多いです。たくさんの求人の中から自分の条件に合った仕事を選びましょう。

未経験からでも応募しやすい

貿易事務の仕事で未経験でも応募できるものを探すのはなかなか大変ですが、紹介サイトに登録すれば、応募しやすい求人情報を得ることが可能です。貿易事務を目指している人はぜひ登録しましょう。

貿易事務に関して必要な知識が得られる

貿易事務の紹介サイトでは、貿易事務の仕事に関するさまざまな知識を得ることができます。どのような資格や能力が必要かといったような情報も知ることができるのです。

研修などに参加できる

貿易事務の求人に応募する前に研修などを行っている派遣会社に登録して研修を受けましょう。こういった研修に積極的に参加すれば、貿易事務への道のりも近くなってきます。

英語を仕事でどのように活かすか

Jobs

貿易事務とはどんな仕事か

貿易事務とは、企業や製造メーカーの重要な仕事の一つである貿易に関する事務手続きを執り行う仕事です。特に海外企業と取り引きをおこなっている企業の貿易事務の場合、共通語として英語でやり取りすることが多いです。

未経験からの貿易事務

貿易事務への求人は、未経験からでも応募できるでしょうか。もちろん未経験から採用されるケースもありますが、貿易事務は貿易に関する知識と英語の知識などがハイレベルで必要なため、未経験から正社員にいきなり採用されることが稀です。そのような場合は、一度派遣会社へ登録し、派遣社員として貿易事務の仕事に携わるということもできます。いったん派遣社員として経験を積んでから、ステップアップを目指すとよいでしょう。

[PR]

熊本で医療事務求人を探しているなら注目!
自分に合った仕事を手軽に検索☆

コールセンターの派遣求人を豊富に紹介
転職の強い味方☆

理容師の求人を厳選公開♪
高収入も夢じゃない☆

タクシーなら京都がオススメ
好条件の会社を発見できる

派遣会社の英語研修を受けて貿易企業に就職しよう
パソコンに関する講座を実施中♪

[PR]

広告募集中